ごあいさつ

こんにちは、画家バージョンのキャメレオン竹田です。

わたしは物心がついたときから、お絵かきをするのが大好きでした。
幼稚園に入る前の思い出では、トレーシングペーパーが大好きで、絵をなぞって遊んでいました。

また、小学生のころは、新聞にはさまっている広告の裏、ティッシュ箱、電話の横にあるメモ帳、消しゴムの白い部分、うしろの黒板、くもっている窓、教科書などは、いつもラクガキだらけで、とくに教科書は、パラパラマンガを作るのには、もってこいでした。(笑)

帰り道では、たまに白くてすごく軽い石が落ちていて、それをつかって、道路とかに絵を描いたりしていました。家の庭でもコンクリートのところに、チョークを使って絵を描いて遊んでいました。

気がついたらいっつも絵を描いたんです!

あとですね、おばあちゃんが油絵の画家だったので、おばあちゃんの部屋に遊びに行くと、おばあちゃんはいっつも絵を描いていました。

いま振り返ると、なんで、おばあちゃんに、絵を習わなかったんだろう…。って不思議に思います。

しかし、わたしは、おばあちゃんの感性を学んでいたのかもしれません。

実家にはいたるところに、おばあちゃんが描いた絵が飾られていますし、親戚のお家や、近所の病院などにも、おばあちゃんの絵は飾られていました。
おばあちゃんの絵は上手でした。

しかし、わたしは、上手な絵は描くことができません。

わたしが描くのは、ゆるくって、イメージ的な絵です。
それしか描くことができません!(笑)

それでですね、、、
絵を描くときの気分って、とっても大切なんです。そのときの波動が絵にのっかります。

だから、愛をもって、わたしは、絵を描きます。

写真1

わたしの描くほとんどの絵は、顔が真ん中に会って、太陽みたいになっています。

これは、不思議で、、、はじめは、福岡の顔が恵比寿様(以下、恵比寿様)の友達に、「キャメちゃん! なんでもいいから、絵を描いてください。」と頼まれました。

わたしは、しばらく絵を描いていませんでした。
恵比寿様のために、画材を買ってきて、絵を描きました。
なにを描こうとも、なにも考えずに、描きはじめました。そして、、、、絵を描くことに夢中になると、わたしは意識が飛びました!(笑)
気がついたら、太陽くん第1号が完成していました。

そして、、、この絵を、恵比寿様に送りましたところ、とても感動してくれて、「あと10個ください!」と注文をしてきてくれました。

これが、わたしが、太陽を沢山描きだしたキッカケです。
ある意味、、、恵比寿様のお導きです。(笑)

その2か月後に、2014年の7月に原宿で個展を開催しました。この個展での太陽くんたちは、パステル画でした。

沢山の方が、全国から個展に来てくださって、60点の太陽の絵が、なんと完売しました。
そして、みなさん喜んでくださりました。ありがとうございます。

もちろん、福岡から、恵比寿様も来てくださりました。
一週間の個展でしたが、3回も来てくださりました。(爆)
恵比寿様ありがとうございます!

写真2

それでですね、、、
次はいつ個展をするのですか? というお問い合わせを沢山いただきましたが、、、

わたしは、WEBがいいな!って思ったんです。だから、このサイトを作りました。

絵は、ほとんどが、アクリルで描いています。

写真3

そして、すべて、わたしのアトリエ、、、通称「キャトリエ」で生み出されています。
愛犬のおおぽち先生がその様子をいつも伺いながら、爆睡しています。(笑)

わたしには、夢があります。画家としての夢、、、いや目標といいたい!

絵本作家になること!
雑誌の表紙の絵を担当すること!

この2つです。
がんばるぞっ!!!(笑)

さあ、、、太陽くんたちは、それぞれ光の出し方が違います。

素敵な光!
人生では、弱ってしまうときもあるかもしれません。

でも、みんな光を出し続けます。素敵な光を出し続けます。この光は、周りを明るく照らして、周りに幸せを分け与えてくれます。

ありがとう!

みんな太陽なんです!

だから、あなたにもいいたい、、、ありがとう!!!!と。

あなたの太陽をみつけてくださいね!

目があったら、その太陽くんが、あなたなのきゃもしれません。

プロフィール

写真4

キャメレオン竹田

プロフィール・経歴は「オフィシャルサイト」をご覧ください。